〜種別紹介〜

〜各駅停車〜

始発と最終には各駅停車が数本運転されている。

5分感覚で運転する。

ごく希に舞浦桜行きや舞山行きなどがある。

舞急桜方面は新舞田行きがある。

〜急行〜

1時間毎に5本運転されている。

始発は運転されていない。(最終は0:00発)

停車駅は、舞急桜→舞急橋→新舞田→舞浦→舞浦橋→舞山→新舞山

〜通勤急行〜

10・11・12時と19・20・21時の15分と45分に運転されている。停車駅は、舞急線内は各駅停車 舞田橋→新舞田→舞浦→舞浦橋→下舞浦→舞浦安→舞山→新舞山

急行との違いは、舞急線内が各駅停車 舞田橋と下舞浦 舞浦安に停車する。

〜快速〜

始発と最終は運転されていない。

停車駅は、舞急線内は各駅停車 新舞田→舞田→舞浦→舞浦橋→下舞浦→舞浦安→舞山線内は各駅停車

急行との違いは、通勤急行と似ているが、舞田に停車と舞山線内が各駅停車になっている。

〜直通特急〜

東京都心急行電鉄と直通運転をするにあたって、3月17日のダイヤ改正で新たに追加された種別。車両はM2000系とM2500系。

因みに舞急桜方面のみ運転。

停車駅は、新舞山→舞山→舞浦→新舞田→東京都心急行線内は各駅停車

7月31日を以て、直通特急の運転を終了した。

8月1日以降は、直通特急は運転されない。

〜MAICA〜

舞浦交通のICカード MAICA(マイカ)
舞浦交通のICカード MAICA(マイカ)

舞浦急行電鉄各駅や舞浦市バスなどで使用できるICカード。

子供用と大人用があり、子供用は6〜12歳まで利用出来る。料金は1000円のみ。大人用はチャージ金額が10000円まで。

プリペイドカードもある。プリペイドカードの場合はイベント開催などに使える。

〜車両紹介〜

M2000系
M2000系

[運用開始年]

2005〜現在

種車はE231系。

車内には車内ディスプレイがある。ドアチャイムは編成によって変わる。第1編成から第10編成までは機器更新未実施(本物のインバータと同じ)

第11編成から第20編成までは機器更新済(東京メトロ南北線のインバータ)

第21編成から第30編成も機器更新済(京急1000形のIGBTインバータ)

運用会社は舞浦急行電鉄。舞山線や舞急線にも直通出来る。

各駅停車(6両)や急行・通勤急行・特急・直通特急(10両)に向いている。

K3000系
K3000系

[運用開始年]

2008〜現在

種車はE233系。

車内には車内ディスプレイがある。ドアチャイムは京急式。

運用会社は舞急電鉄(舞京都を通る路線で唯一[急行]が付いていない)各駅停車(6両)・快速(8両)・急行・通勤急行・特急・直通特急(10両)に向いている。

インバータは京急のIGBTインバータ

※画像にはグリーン車が付いているが、実際は付いてない※

Y4000系
Y4000系

[運用開始年]

2010〜現在

種車はE233系。車内にはLEDの車内表示器がある。ドアチャイムはJR式。

運用会社は舞山急行電鉄。各駅停車(6両)・快速(8両)に向いている。

舞山線の車両では唯一急行運転に対応していない。(今後急行に対応するかも?)

インバータはE231系(未更新)。

K3500系
K3500系

[運用開始年]

2008〜現在

種車は02系。

ドアチャイムはメトロ式。車内にはLEDの車内表示機がある。運用会社は舞急電鉄。

インバータは京急のIGBT。

各駅停車(6両)で運転されている。(舞浦交通の車両で唯一急行・快速運転が無い車両)

しかし、この車両は3ドアなので、乗車位置には注意が必要。

K3050系
K3050系

運用開始年

2015〜現在

最近登場した車両。車内には車内ディスプレイがある。

種車は08系。運用会社は舞急電鉄。

インバータとドアチャイムは種車と同じ。

急行・通勤急行(10両)に対応している。舞浦交通の車両で各駅停車と快速に対応していない車両。

M2500系
M2500系

[運用開始年]

2018〜現在

竹山市営地下鉄線との直通運転を実施する為 M2000系だと地下鉄線内の乗り入れが出来ないとの事で作られた車両。

インバータとドアチャイムは種車と同じ。

種車はE231系800番台 行先表示機はフルカラー対応。車内には車内ディスプレイがある。各駅停車(6両)・急行(10両)に向いている。

現在は、竹山市営地下鉄との直通運転を終了した為、舞浦線等で、運転されている。